トップページ > 番組カテゴリ > スポーツクライミング

スポーツクライミングSPORTSCLIMBING

2018 IFSCクライミングワールドカップ

2018 IFSCクライミングワールドカップ
©IFSC/Eddie Fowke
4月に開幕したIFSEクライミングワールドカップ。今回はボルダリング第5戦 日本・八王子大会とボルダリング第6戦アメリカ・ベイル大会、リード第1戦スイス・ヴィラール大会の男女決勝の模様をお届けする。
日本人選手の活躍に目が離せない!

スポーツクライミング競技 第21回 JOCジュニアオリンピックカップ大会

スポーツクライミング競技 第21回 JOCジュニアオリンピックカップ大会
©JMA
北アルプスを望む、富山県、桜ヶ池クライミングセンターで行われる「第21回JOCジュニアオリンピックカップ大会」。
毎年8月に行われることから「クライミングの甲子園」とも呼ばれている歴史ある大会。
この大会で注目してほしいのは、6月に発表された、世界ユース日本代表選手たち

・男子ジュニア(1999、2000年生まれ)
楢崎 明智、原田 海、今泉 結太、田中 修太

・男子ユースA(2001、2002年生まれ)
伊藤 寛太朗、小西 桂、伊勢 一真、西田 秀聖

・男子ユースB(2003、2004年生まれ)
抜井 亮瑛、川又 玲瑛、前田 健太郎

・女子ジュニア(1999、2000年生まれ)
高田 こころ、中村 真緒、森脇 ほの佳

・女子ユースA(2001、2002年生まれ)
伊藤 ふたば、菊地 咲希、栗田 湖有

・女子ユースB(2003、2004年生まれ)
谷井 菜月、森 秋彩、工藤 花

今年、9月にロシアで行われる世界ユース前、彼らのクライミングをぜひお楽しみください。

[クライミング] IFSC世界ユース選手権2018

[クライミング] IFSC世界ユース選手権2018
©IFSC/Eddie Fowke
8月にワールドカップの興奮冷めやらぬロシアで開催される世界ユース選手権大会。
ユースのカテゴリーは3つに分かれている。
ジュニア 1999年1月1日~2000年12月31日生まれ。
ユースA 2001年1月1日~2002年12月31日生まれ。
ユースB 2003年1月1日~2004年12月31日生まれ。
昨年の世界ユース選手権で、日本は金メダル8個、銀メダル9個、銅メダル7個、計24個のメダルを獲得し、獲得数は過去最多とユースの力を見せつけた。
今年はいったいいくつのメダルを獲得できるか今から楽しみでしょうがない!

牛乳石鹼 PRESENTS Master of BLoC 2018

牛乳石鹼 PRESENTS Master of BLoC 2018
関東のクライミングジムの大会だったMaster of BLoC。昨年から、牛乳石鹼がスポンサードすることにより、より規模が大きな大会へと変貌した。
特徴は、美しい課題の数々。今年は、日本を代表するルートセッター平嶋元さんを中心にどんな課題が出来上がるのかもお楽しみに!
注目選手は、今年絶好調の野口啓代。そして、今年5年ぶりにワールドカップ優勝を果たした杉本怜。彼らが、課題をどう攻略するか今から楽しみだ!!