CSスポーツチャンネル・スカイAへのお申込み・お問い合わせは

TEL:0570-066-250

スカイAカスタマーセンター 10時~20時(年中無休)

スカイA設立30周年

トップページ > 番組カテゴリ > スポーツクライミング

スポーツクライミングSPORTSCLIMBING

スポーツクライミング第34回リードジャパンカップ

第34回リードジャパンカップ
写真:JMSCA/アフロ
今年もリード日本一を決める季節がやってきた。
数々の名勝負を生んだ松山下公園総合体育館の壁で、今年はどんなドラマが生まれるか今から楽しみしかない。2020年は、西田秀聖、森秋彩と男女ともに10代の選手が優勝し、日本リード界に新しい風を吹かせてくれた。今年も、若い力には注目だが、なんといっても東京オリンピックが行われるので、日本代表選手の登りには注目したい。
野口啓代、野中生萌、楢崎智亜、原田海。8月日本を歓喜に導くクライマーたちのリードクライミングから目が離せない。

スポーツクライミング第3回スピード・ジャパンカップ

第3回スピード・ジャパンカップ
スピードの国内王者を決める第3回スピードジャパンカップ。男子の日本記録は、楢﨑智亜選手の5.90。女子は、伊藤ふたばの8.32と国内のレベルも世界に近づいています。コンマ1秒を争うスピードの戦いは迫力満点です。
2021年日本代表を決める重要な大会!オリンピック出場選手の活躍、ニューヒーロー&ニューヒロインの誕生を大いに期待したい。

スポーツクライミング第16回 ボルダリングジャパンカップ

第16回 ボルダリングジャパンカップ
写真:JMSCA/アフロ
東京オリンピック2020が1年の延期になり、いよいよ迎えるオリンピックイヤー。
2021年最初の大会がボルダリングジャパンカップ!
代表選手にとって勢いをつける為に、どうしてもいい結果を残したい。
近年は、若い世代も力を付けていてもはや誰が勝利しても驚かない。
日本で一番面白いボルダリングをぜひ、ご覧ください!

スポーツクライミングコンバインド・ジャパンカップ

コンバインド・ジャパンカップ
写真:JMSCA/アフロ
石鎚クライミングパークSAIJOで行われるコンバインド・ジャパンカップ2020!
オリンピックと同様の形式で行われるこの大会。
1日でスピード、ボルダリング、リードを行うため、体力、集中力、気力とクライマーの総合力が問われる種目。
国内トップクラスのクライマーの楢崎智亜が大会2連覇を達成している。
今年の国内ナンバー1クライマーの称号は誰の手に!