トップページ > 番組カテゴリ > スポーツクライミング

スポーツクライミングSPORTSCLIMBING

【生中継!】第12回 ボルダリングジャパンカップ

第12回 ボルダリングジャパンカップ
©Miwako Kubota
話題沸騰中のスポーツ・クライミングより、「ボルダリングジャパンカップ」男女決勝の模様を臨場感たっぷり生中継でお届け。
一般参加予選を勝ち抜いてきた男子60位、女子30位以内の選手をはじめ、昨年大会の優勝者野口啓代、藤井快など、第一線で活躍する選手らも参加する本大会、優勝が決まる瞬間に迫る。

第7回全国高等学校選抜クライミング選手権大会

第7回全国高等学校選抜クライミング選手権大会
今年も埼玉県、加須市で行われる第7回全国高等学校選抜クライミング選手権大会。スポーツクライミングを行っている高校生にとって重要な大会。競技はリードクライミングで争われる。
高校生にとってもクライミング界にとっても今年最後の大会となるだけに注目が集まる。昨年は、男子がワールドカップでも活躍している波田悠貴が優勝。女子は、アジアユース2016リードで銀メダルに輝いた高田こころが優勝。この大会を勝ち世界に羽ばたく選手も数多くいます。
さて、今年はどの選手が優勝を勝ち取るかスカイAで決勝の模様を1時間にしてお送りします。

絶対女王 クライマー野口啓代の挑戦 ~パリ世界選手権~

絶対女王 クライマー野口啓代の挑戦 ~パリ世界選手権~
日本を代表するクライマー野口啓代。
11歳でクライミングと出会い、これまで4度年間総合優勝を獲得するなど常に日本のクライミング界を牽引してきた。そんな、彼女が競技人生で唯一手にしていないタイトルそれが2年に一度行われる、クライミングの祭典・世界選手権のタイトル。
そして、27歳で迎える今年の世界選手権。舞台は、フランス・パリ。
今シーズンのワールドカップでは、一度も優勝できなかったが大会前、野口の表情は自信に満ちていた。
悲願のタイトルへ向けた、野口啓代の挑戦を追った。

【ドキュメンタリー映画】クライマー パタゴニアの彼方へ

クライマー パタゴニアの彼方へ
<作品概要>
南米パタゴニア。難攻不落と呼ばれ、つねに世界中のクライマーたちを惹き付けてやまない山”セロ・トーレ”。
50年以上に渡り、この山頂への登頂は物議を醸し、今だに誰が本当の意味でこの山に征服したのか答えは出ていない。ただ、ひとつだけはっきりしているのは、”これまで誰一人としてセロ・トーレにフリーで登頂した者はいない”ということだ。
2011年、史上最年少クライミングチャンピオンのデビッド・ラマが、最小限のボルトとロープだけのフリーでセロ・トーレ登頂に挑戦する…。準備段階から3年に渡って撮影されたデビッドの精神的な葛藤、仲間との関係、そして山や自然に対する姿勢や哲学。たどり着いた境地はひとりのアルピニストの想いを超えた人類普遍のテーマだった。ヘリを駆使して撮影された息をのむような絶景、あり得ないほど過酷な登坂ルートに挑む臨場感とスケール感で贈る必見の山岳ドキュメンタリー。
[監督] トーマス・ディルンホーファー
[出演]
デビッド・ラマ(史上最年少クライミング世界チャンピオン)
ペーター・オルトナー、トーニ・ポーンホルツァー、ジム・ブリッドウェル
[製作年度] 2013年
[製作国] ドイツ・オーストリア
[字幕] 日本語